炭酸シャンプーの効果とは

炭酸シャンプーの効果

炭酸の正体とは一体何なのでしょう?

 

炭酸は、普段の生活でもよく耳にしますよね。
炭酸ジュースや、ラムネ、ビールなど主にドリンク系によく使われています。
あの泡がシュワシュワしているものを炭酸と呼ばれていますよね。

炭酸の効果

実は、炭酸の正体は、二酸化炭素なんです。化学式ではCO2(シーオーツー)。
学生の頃に、覚えたあの気体を液体に溶かしたものが炭酸になります。
二酸化炭素が本当の正体なのですが、気体の状態を炭酸ガス、液体に溶かした状態を炭酸水と呼んでいますね。

 

この炭酸(二酸化炭素)がシャンプーに使われるとどういった働きがあるのでしょうか?

  1. 血行が良くなる!
  2. 頭皮の余分な汚れを除去してくれる

 

二酸化炭素には、血行をよくするという働きがあります。
炭酸泉という温泉を知っていますか?代表的な温泉では兵庫県の有馬温泉などが炭酸泉で有名です。
炭酸せんべいなども、二酸化炭素の炭酸を利用して作られています。
炭酸泉の効果・効能にも血行促進とありますね。
もちろん、入浴効果で血行促進が図られている部分もありますが、炭酸の力によって血流が良くなっていることも考えられます。
炭酸が高濃度で溶けているシャンプーは部分的に温泉につかっている事と同じ効果が期待できます。

 

さらに、炭酸は脂を溶かす性質があります。頭皮にある皮脂やワックスなどの油分をきれいに取り除く助けをしてくれます。
頭皮がべたつく春から秋にかけて頭皮をサッパリとしたい方にはもってこいのシャンプーなんですね。

 

頭皮に皮脂や角質が溜まっていると細菌の繁殖がおこり、コレが原因で頭皮のニオイ(悪臭)が起こりやすくなります。
頭皮のニオイが気になる方には、キレイに洗い上げてくれる炭酸シャンプーが強い味方になってくれることでしょう。

 

さらに、二酸化炭素が溶けた状態は、弱酸性(人の肌にやさしい)となります。
カラーリング剤はアルカリ性ですので、炭酸シャンプーを使うことで頭皮の状態を中性に戻す働きもありますね。
それによって、髪にハリ・コシが戻り、ツヤが増すと言えるかもしれません。

 

炭酸シャンプーは、少し溶かしただけでも炭酸シャンプーとなりますが、
ミルボンの炭酸シャンプーは高濃度に炭酸が溶けています。

 

頭皮のニオイが気になる方、ハリ・コシが欲しい方、サッパリと洗い上げたい方など
ご自身の頭皮環境に合わせてお使いいただけると思いますよ。